資料館

 駅弁売り像 内藤四郎作   
大船軒の歴史



大船軒の歴史は大船駅の開業と共に始まる。

歴史的建造物 大船軒本社ビル建物の説明



鯵の押寿しとサンドウ井ッチ



明治32年、 日本で最初にサンドイッチを駅弁として発売したのは 大船軒だったのです。

大船軒の鯵の押寿しは、小鯵の半身を贅沢に丸ごと乗せるのがそもそもでした。



大船軒の蕎麦 

昭和32年から大船駅や藤沢、茅ヶ崎、鎌倉駅で親しまれてきた濃い目のつゆが特徴の大船軒の駅そば。

くせになると評判のつゆの味は伝統を守って現在も皆様に喜んで頂いております。



掛け紙ギャラリー

大船軒の過去の掛け紙を特集



戻る
戻る


大船軒の歴史
大船軒の歴史
押寿しとサンドウ井ッチ
押寿しとサンドウ井ッチ
大船軒の蕎麦
大船軒の蕎麦
掛紙ギャラリー
掛紙ギャラリー